ゲーム産業に参入するFacebookの挑戦

新しいビジネスモデルを確立させるためには、日々のマーケティング戦略と研究が必要だ。

日本国内における月間アクティブユーザーを2800万人獲得しているFacebook社が、マーケティング分析を行った結果、ユーザーがゲーム産業へ関心を抱いている行動が見られた。

新しいビジネスモデルの確立を見いだせることを確信したFacebook社がこの度、ゲーム産業へ参入する。

1. Facebookにゲーム専用タブができる

Facebook gaming

Facebook社は現在「Facebook Gamingタブ(ゲーム専用タブ)」を一部の利用者に提供開始している。

・お気に入りのインスタントゲームにアクセスできる
・人気のストリーミング動画配信
・おすすめゲームのお知らせ機能
・eスポーツ団体コンテンツの閲覧
・様々なジャンルのゲーム関連のグループと情報を共有できる
etc

ゲーム好きにはたまらない様々な機能を追加した。

今回、ゲームへの関心が高いユーザーが多い背景を受けて、さらなるエンゲージメント獲得のために、ゲーム産業に参入した。

時代の流れに即して、次々に新しいジャンルに挑戦し続けるFacebook社。今回のゲーム産業がどのような展開をみせるのか、今後の動向から目が離せない。

Facebook gaming

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事