【2019年最新】広告収入以外のYouTubeマネタイズ3つの方法

インターネットの普及によってさまざまなビジネスが登場したが、その代表的なモデルといえるのがYoutubeだ。

しかし、実際に動画配信を行った経験のない人の中には、どのようなシステムで収益を上げているか疑問に感じている人もいるだろう。そこで、この記事ではYoutubeのマネタイズについて解説していく。

Youtube

Youtubeの代表的なマネタイズ!広告収入とは

Youtubeを活用したマネタイズと聞いて、多くの人が真っ先に思いつくのが広告収入だろう。

Youtubeは動画を再生すると定期的に企業の広告が流れる仕組みになっており、その広告収入が動画を配信している人物に入るシステムだ。

基本的には日本の民放テレビ局がCMを流すのと同じ仕組みがYoutubeにも採用されていると考えればイメージしやすいだろう。

ただし、民法テレビ局ともっとも大きく異なるのは、Youtubeでは歩合制が採用されている点だ。一般的な民法テレビ局の広告収入は放送時間帯や番組の注目度などによって相場があらかじめ決まっている。

番組を企画する時点で視聴率はある程度想定するだろうが、実際に期待どおりの視聴者数がいなくてもあらかじめ決められた広告収入が変動することはない。

Youtubeの広告収入の仕組み

それに対して、Youtubeは動画が1回再生されるにあたり、0.05円~0.2円の収入が発生するといわれている。

つまり、収入は実際の視聴者数に大きな影響を受けるのだ。
広告ごとの単価は視聴者が見ている時間などを考慮して、Youtubeの運営によって決められている。

一般的には視聴時間が長く、人気のある動画ほど広告単価も高い。

つまり、Youtubeでマネタイズを図ろうとするときは、動画の再生回数を増やすだけでなく、いかに視聴者に長く見てもらえるかを追求する姿勢も重要だ。

そのためには、視聴者のニーズを的確にとらえ、飽きられないように工夫した動画を配信し続けることがポイントだといえる。

Youtubeの広告収入で収益化を達成する条件

Youtubeでは動画の再生回数や視聴時間によって、マネタイズが可能になる。

しかし、すべての動画配信者に収入が入るわけではない。

なぜなら、企業から得られる広告収入には限度があるからだ。

Youtubeが得ている広告収入は無限ではないので、より費用対効果の高い動画配信者に配られる仕組みが採用されている。

条件1「登録者数」

収益化を達成するための条件の1つ目はチャンネルの登録者数だ。

Youtubeは2018年2月にチャンネル登録者数1000人以上の動画配信者が収益化の対象となるように、基準を厳格化している。

では、どれぐらいの人がチャンネル登録者数の基準をクリアしているかというと、上位10%程度だといわれているのが現実だ。

Youtubeを始めた当初からすぐに登録者数の基準をクリアするのは、有名人ならともかく一般人には至難の業だろう。

Youtubeでマネタイズを実現するためには、忍耐が必要だといえる。

条件2「再生時間」

Youtubeのマネタイズを実現させるための2つ目の条件が「再生時間」だ。

2018年2月の基準変更によって「過去12カ月間の総再生時間が4000時間以上」が条件となった。この条件のハードルがどれぐらい高いのかは、平均視聴時間を参考にすれば個々で判断できる。

実際に動画を投稿した経験のある人は、Googleアナリティクスに表示されている平均視聴時間を確かめてみるとよいだろう。

たとえば、平均視聴時間が2分だとすると、収益化を達成するためには「24万(4000時間×60分)÷2(平均視聴時間)=12万再生」が必要だ。

つまり、毎月1万回の動画再生が必要な計算になる。

再生回数はツールを利用すればある程度増やすことはできてしまうが、視聴時間を増やすにはツールを使っても実際に時間を費やす必要があり、ハードルは高い。

そのため、Youtube側は再生回数ではなく視聴時間をマネタイズの条件としているのだ。

ただし、この条件については、視聴時間を増やせば増やすほど、再生回数は少なくてもクリアできるとも考えられる。

動画配信者は魅力的な動画を配信していく努力が重要になるのだ。

広告収入以外のマネタイズその1「ライブ配信」や「物販アフィリエイト」

Youtubeにおけるマネタイズの基本は広告収入だ。
しかし、実際にはほかの方法を活用して収益を上げているケースも多い。

そこで、この段落では「ライブ配信」や「物販アフィリエイト」を活用した方法について紹介する。

ライブ配信でマネタイズする方法

Youtubeにおける広告収入は徐々に基準が厳しくなりつつあるが、動画を配信する人が少なくなると運営側も将来的なビジネスに影響が出るので問題だ。

そこで、動画配信者を支援する目的で2017年1月から始まった制度が「SuperChat(スーパチャット)」である。

SuperChatは簡単にいうと、動画をライブ配信している人物に対して送金できるシステムで、Youtube以外のほかの動画配信サービスでも採用されている仕組みだ。

Youtubeでは、視聴者が100円~5万円までの任意の金額を送信することが可能になっている。

SuperChatは従来の運営側からしか収入が得られなかったシステムとは違い、視聴者から収入を得られるようにしている点が画期的だ。

ただし、実際にマネタイズするためには「この人を応援したい」と思わせるような、動画配信者本人の魅力をアピールしなくてはいけないという点で広告収入とは違った難しさがある。

YouTube

物販アフィリエイトでマネタイズする方法

アフィリエイトとは、リンク先の商品を買ってもらうことでマージンを得るビジネス手法だ。

従来はホームページやブログなどを中心に行われてきたマネタイズであるが、Youtubeでも上手に活用して収益化している人物もいる。

具体的には商品のレビュー動画を作ったあとで、説明欄の部分に購買サイトへアクセスするリンクを貼り付けるといった方法だ。

アフィリエイトで活用できるリンクにはさまざまなものがあるが、日本では「Amazonアソシエイト」や「A8.net 」が有名である。

広告収入以外のマネタイズその2「企業から報酬をもらう」

Youtubeでのマネタイズ方法は、何もYoutubeのシステムを通してのものだけではない。

有名な動画配信者になることができれば、直接企業からオファーを受けて報酬をもらうことも可能だ。たとえば、「企業が開発した新商品を動画で紹介してほしい」という要望を受けたとする。

動画配信者は報酬をもらって、その新商品の魅力が十分に伝わる動画を作るというわけだ。

芸能人がテレビCMに出演して商品をアピールするのと、基本的には同じ仕組みだといえる。

有名な動画配信者になれば視聴者数はかなりの数になるので、企業側としてもテレビCMで必要な経費の費用対効果を考えると旨味があると判断するケースも多い。

企業から報酬をもらえる方法とは

とはいうものの、よほど売れっ子の動画配信者でない限り、芸能事務所に所属しているわけでもなく、企業からどのようにしてオファーが来るかわからない人もいるだろう。

そこで、大切な役割を果たすのが、MCN(マルチチャンネルネットワーク)と呼ばれる組織だ。

MCNはYoutubeの人気チャンネルをまとめている組織であり、加入者は広告収入の何割かを差し出す代わりに、さまざまな配慮をしてもらえる。

その配慮のうちの一つに、企業からの依頼を斡旋してくれるというものがあるのだ。

ただし、MCNに加入しているからといって、必ず企業の依頼を紹介してもらえるとは限らない。

なぜなら、MCN加入者同士の競争もあるからだ。MCNに加入できるぐらいの実績を重ねたとしても、日頃の努力を怠ってはいけないのである。

広告収入以外のマネタイズその3「ファンを作る」

作成した動画が世間的に評価され、チャンネル登録者数が増えると動画配信者にある程度の数のファンがつくのは珍しくない。

すると、ファンを対象にしたさまざまなサービスを実施することで、マネタイズが可能になるケースがあるのも知っておくとよいだろう。

イベントやオリジナルグッズで収益を上げる方法もある

たとえば、動画配信者に会える有料イベントを開催し、その場で動画を作成するといった具合だ。

また、イベント会場でTシャツなどのオリジナルグッズを販売する動画配信者も少なくない。

さらに人気が高まれば、本を出版することも夢ではないだろう。

イベントを開催して収益を上げられるようになれば、それだけ多くのファンがいることの証明になるので、Youtubeでマネタイズを実現することも不可能ではないはずだ。

ここまでくれば、アイドルや芸能人と基本的には変わらないだろう。

ただし、ファンができるまでにはそれなりの時間がかかるため、動画を配信してすぐにファンをターゲットにしたマネタイズを実行するのは難しいといえる。

Youtubeでマネタイズするには日頃の努力が大切

Youtubeで広告収入のマネタイズを実現するためには、運営が課した条件をクリアする必要がある。

また、広告以外で収入を得ることも可能だが、ある程度は動画配信者として評価されなければ難しいのが現実だ。

Youtubeでマネタイズを実現するためには、日頃から配信する動画の魅力を高めていく努力が必要だといえる。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事