人手不足のいまこそAI導入を考える

AIの技術は様々なところで活用されている。
気づかないうちに利用していることもあり、「えっ! それをAIがするの? 」なんて、驚く人もいるだろう。

今回は、そんなAIを使っているケースの中から、「AIチャットボット」に注目する。ホームページなどの端に、小さく表示されるアレだ。

まずは基本となるメリットについて、しっかり押さえておこう。

AIチャットボットのデーター作成支援

出典:株式会社マックスマウス

AIシステム開発などで、ITサービスを展開する株式会社マックスマウスが、AIチャットボット用Q&Aデータ作成支援サービスの提供をするという。

AIチャットボットとは簡単に言うと、「ロボットが対話する」ことだ。主に、ホームページなど、サイトを閲覧するユーザーとのコミュニケーションツールとして利用される。

言葉にすれば簡単だが、その会話のやり取りや、ユーザーが求める答えに辿り着けるように誘導することは難しい。

  • 情報を元にQ&Aのデータを作成する
  • 選択肢や質問の絞り込みの分岐ルートの構築
  • 会話のストーリーや流れを考える

こうした下準備に時間がかかるため、導入を断念している企業もいる。今回の支援サービスでは、この下準備から運用までをサービスとしているから、煩わしい作業なく導入することができるから、企業としてもメリットが高い。

AIの導入は人手不足解消にもなる

AIに求められるのは、正確さと迅速な対応だ。人間が考え処理する能力を上回ることから、「10年後になくなる職業」などが、しばしば取り上げられる。こうして聞くと、「職を失う」と危機感の方が先行しがちだが、実際には違う。

いま、現代社会で深刻な問題となっているのは、「人手不足」だ。若年世代の人口が減少している日本では、正規雇用・パート・アルバイトなど募集をかけても人材を確保するのが困難なのだ。

今後、事業を続けていくためには、できることからAIの導入を考えていくことだ。AIチャットボットも人手不足を解消できるメリットがある。

  • 問い合わせ業務の効率化
  • リアルタイムでの対応
  • サイト内での検索ストレス解消

TwitterをはじめとするSNSでも、素早い対応を求める世代が今後増加していく。AIの特性を活かして、導入を検討してみる価値はある。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事