【徹底解説】IT導入補助金2019の概要と採択されるポイント

2019年度のIT導入補助金は、2018年度に比べるとかなりの狭き門になった。大幅に内容が見直されたこともあって、「わかりにくい」と感じた人も多いのではないだろうか。

この記事では、IT導入補助金2019の事業概要や補助対象者、および補助金交付までの流れについて詳しく解説する。

分析した資料を見る

1.IT導入補助金2019の概要とは

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業のIT化を推進する目的で2017年度にスタートした。経済産業省が推進する中小企業生産性革命推進事業において、「ものづくり補助金」および「小規模事業者持続化補助金」とともに3本柱の一つとなる制度なのだ。

ここで覚えておいて欲しいことがある。IT導入補助金では、すでに簡易的に電子ツールが導入されている事業者が対象なので、一からIT化を目指す場合は「小規模事業者持続化補助金」に申請しよう。

IT導入補助金は、2019年度に予算規模が縮小された。補助金の上限額は最大450万円にアップしたが、補助予定件数は6000件程度にとどまると見込まれている。6万3000件程度が採択された2018年度に比べると、審査のハードルは上がったと言わざるを得ないだろう。

1-1.対象事業者

IT導入補助金2019の対象となるのは、中小企業や小規模事業者とされ、資本金と従業員数に上限が定められている。

例えば、小売業ならば資本金は5000万円以下、従業員数は50人以下といった具合だ。飲食や宿泊、小売や卸、運輸や医療など幅広い業種が対象に含まれる。

1-2.補助対象になる経費

補助金の対象となるのは、IT化に必要なソフトウェア費や導入関連費に限られる。ホームページの単独導入は対象外になった。

1-3.補助金額

補助金には2つのタイプがあり、IT化の規模によって交付額が変わってくる。

  • A類型は40万円~150万円未満
  • B類型は150万円~450万円

補助率は一律2分の1以内なので、IT化にかかる費用の半分程度を補助してもらえる計算だ。

1-4.補助対象になるIT化

IT導入補助金2019で補助金の対象となるのは、ベンダー会社が開発して登録したITツールのみだ。つまり、自社に合ったものを選んで購入する必要がある。

新たに独自システムを開発する「スクラッチ開発」は対象外だ。導入済みシステムの大幅なカスタマイズやパソコン・タブレットなどのハードウェア購入代金も対象にならない。

そして、プログラム内部のコードを書き換えると、対象外になってしまうから注意しよう。 

2.IT導入補助金2019で具体的にできること

IT導入補助金2019で「具体的にできること」を知るためには、登録されたITツールの詳細を把握する必要がある。

ITツールはソフトウェアとオプション、および役務の3つに分類されている。このうち、ソフトウェアとは、ベンダーが開発したパッケージソフトウェアのことだ。
勤怠管理システムや、在庫管理システムなどをイメージすると分かりやすいだろう。IT導入補助金制度に、ITツールを登録したベンダーをIT導入支援事業者と呼ぶ。

導入マニュアル作成や研修、保守サポートなどは役務に該当する。ITツール導入支援やその後のサポートは、IT導入支援事業者から受けることになるのだ。一方、オプションに含まれるのは機能拡張やホームページ関連費、セキュリティ製品といったものになる。

2-1.ソフトウェアの詳細をチェック

ソフトウェアは10種類に分類されていて、各種類をプロセスと呼んでいる。8つが業務プロセスで、残りの2つは効率化プロセスと汎用化プロセスだ。

・業務プロセス

業務プロセスは業務内容ごとに8つに分類されている。

  1. 顧客対応・販売支援
  2. 決済・債権債務・資金回収管理
  3. 調達・供給・在庫・物流
  4. 人材配置
  5. 業種固有プロセス(実行系)
  6. 業種固有プロセス(支援系)
  7. 会計・財務・資産・経営
  8. 総務・人事・給与・労務

例えば、営業活動の履歴管理や進捗管理をIT化したい場合なら、1のプロセスが当てはまるだろう。在庫管理をしたいなら2のプロセスを選ぶのが適している。

・効率化プロセス

「業務プロセスに相当する業務」のIT化で、同時に導入して業務の自動化・効率化を強化する時に、利用するのが効率化プロセスだ。

「業務プロセスに相当する業務」とはすでに導入されているITシステムを指す。IT導入補助金2019の、対象となる業務プロセスのことではないため、効率化プロセスと業務プロセスを同時に選ぶことはできない。

・汎用化プロセス

文書証憑管理やワークフロー、グループウェアなどといった、独立した専用パッケージを指す。 

3.プロセスの選び方は最重要ポイント

積み木に書いたplan

補助金申請審査を通るためには、プロセスの選び方が非常に重要だ。

A類型の補助金タイプを申請する場合なら、10種類のプロセスから2プロセス以上、業務プロセスから最低1つ以上を選んで導入しなくてはならない。

B類型の補助金タイプでは、10種類のプロセスから5つ以上、業務プロセスから3つ以上を選ぶ必要がある。

3-1.よくある間違いを知ろう

IT導入補助金は2019年に詳細が変わり、ソフトウェアの機能ではなくプロセスにポイントが置かれるようになった。ルール通りにプロセスを選んでいなかったり、業務の実情と合わないプロセスを選んだりすると、審査に通らない可能性が高まる。

例えば、業務プロセスと効率化プロセスまたは汎用プロセスが同時に選択されているような場合だ。また、業務に関係のないプロセスが選択されていると審査に落ちる要因になる。卸業なのに介護業向けのパッケージが選択されているケースなどだ。 

4.IT導入補助金2019のスケジュールは

ここでは、IT導入補助金2019のスケジュールについて見ていこう。公募期間と手続き全体の流れを紹介する。

すでに公募期間が過ぎているが、今後の参考にしてほしい。

4-1.公募期間と採択日

一次審査の詳細を下記にまとめる。

・一次審査

  • A類型: 5月27日(月)~6月12日(水)
  • B類型: 5月27日(月)~6月28日(金)

・一次審査採択日

  • A類型: 6月26日(水)
  • B類型: 7月16日(火)

・二次審査

二次審査の公募期間はA類型・B類型共通だ。

  • A類型・B類型: 7月17日(水)~8月23日(金)

・二次審査採択日

  • A類型・B類型:9月上旬

4-2.補助金交付までの流れとは

IT導入補助金2019で実際に補助金が交付されるのは、申請が採択されてITツールを購入した後となる。

実際にIT化を進めて事業実績報告書を提出し、それが承認されないと補助金は交付されない。申請からの流れを下記に記載する。

  1. 公募開始後、締切までに申請書を作成・提出する
  2. 採択されたらITツールを購入する
  3. 事業を実施する
  4. 事業実績報告書を提出する
  5. 補助金交付、事業実績効果報告

補助金の対象は、採択を受けたITツールに限られる。申請前や採択前に購入したITツールは対象外だ。

補助金の額が、事業実績報告書を元にして決められる点にも注意しよう。一定の生産性向上を実現しないと、補助金は認められない。

5.補助金の対象になるホームページ作成について

スマホ画面対応のホームページ

企業の業績UPに、ホームページは欠かせないものになっている。IT導入補助金2019を利用して「より良いホームページを作りたい」と、考えている経営者もいるのではないだろうか。

実は、2019年度からホームページ関連のITツールに制限が設けられ、

  • ユーザーと双方向の通信が可能かどうか
  • 業務パッケージと連携しているかどうか

これらが問われることになった。ユーザーに対して一方的に情報発信するホームページで、業務パッケージと連携していないものは対象外なのだ。

例えば、業務パッケージとの連携がない一方通行のホームページでは、業務プロセスはもとより、ホームページ関連費のオプションも認められない。

実際に認められるケースとしては、

  • ショッピングモールに出店するための店舗ページの制作
  • ECサイトのフルスクラッチ制作

これは補助金の対象になる。

双方向通信が可能で、かつ業務パッケージソフトと連携しているホームページのフルスクラッチ制作は、業務プロセスとしては申請できない。

そのため、オプションのホームページ関連費として申請する必要があるだろう。どんな場合が対象になるのかについて、あらかじめしっかり確認しておくことが大切だ。 

6.IT導入補助金2019を活用して生産性をUPする!

IT環境を改善したい中小企業にとって、IT導入補助金のメリットは非常に大きい。使える補助金制度を賢く活用して、コストを押さえながら生産性UPを目指そう。

IT導入補助金は、毎年詳細が変わる可能性があるので、利用にあたっては最新の情報をチェックすることも忘れずに。

マネタイズ資料無料プレゼント

YouTubeを使った最新動画マネタイズ戦略を無料でプレゼントしています。

今すぐ手に入れて、あなたの動画戦略に役立ててください。

5G時代の動画を使った最新マネタイズ戦略「YouTube活用術」
5G時代の動画を使った最新マネタイズ戦略「YouTube活用術」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事