マッチングモデルで成功したい?運用検討している方に薦める3つの知識

売り手と買い手を結びつけた時に得られる仲介料で、収益を図るマッチングモデルは、今インターネット上で普及しているビジネスモデルの一つです。

そんな人気のあるマッチングモデルについて今回は焦点をあてました。

・マッチングモデルとは(特徴、注意点)
・マッチングモデルの事例
・マッチングモデルの成功術

マッチングモデルを熟知するために必要な3つの知識を紹介します。

1. マッチングモデルとは

売り手と買い手となる顧客同士を紹介(マッチング)し、仲介手数料を得て収益を上げるビジネスモデルです。
つまり、売り手と買い手がマッチングしなければ収益は発生しません。

収益化に効率よく結びつけるためには、買い手にとっても、売り手にとっても、魅力に感じる情報を多くそろえる必要があります。

魅力に感じる質の良い情報を多くそろえることが、マッチングモデルビジネスを成功へと導く鍵となるわけですが、これが一番大変な作業です。

不動産を例に説明すると…
物件情報を豊富に取り揃え、買い手と売り手に認知してもらうために、

・営業担当の外回り営業
・大量に広告を打ち出す
・イベント開催
etc…

いろんな手法を凝らして、コストをかけてでも情報を集めなければ、売り手と買い手をマッチングさせることはできません。

また、売り手だけに魅力のある情報では買い手は離れていきますし、逆もまた然りです。
情報のバランスも大切です。

しかし近年、インターネットの普及によって、買い手と売り手、双方が魅力に思う情報収集が容易になったことから、マッチングモデルを使ったビジネスモデルも広がりつつあります。

何故なら、本来なら個人同士では出会うことが困難な状況でも、インターネット上で買い手と売り手のお互いの情報を閲覧しやすくなったからです。

1-1. 特徴

インターネットの普及によって、マッチングモデルのマイナスポイントである情報収集が容易になったと上記しましたが、今後のビジネスモデルとして採用を検討しているのであれば、特徴も抑えておきましょう。

・自社のサービスや商品を持っていなくてもOK
・3方(買い手、売り手、仲介業者)の利益が一致する
・収益化するまでに時間がかかる
・収益が安定しにくい


・自社のサービスや商品持っていなくてもOK
集客さえできれば、固定費用(自社のサービスや商品)をかけなくても、すぐに始められることができます。

また、ブログで集客が実現できれば、広告費をかける必要もありません。
売り上げがほとんど収益になることは、とても大きなメリットでしょう。

インターネット上で集客ができるのであれば、実店舗も持つ必要もないため、PCと電話があれば、自宅でもマッチングビジネスを始められます。

つまり、固定費がかからない分、損失を最小限におさえることができるビジネスモデルなのです。

・3方(買い手、売り手、仲介業者)の利益が一致する
世の中に広がるビジネスには、誰かが損をして成り立つものも数多く存在します。

それに反して、マッチングモデルの場合、

・業者を知れて喜ぶ顧客
・見込客を紹介してもらって喜ぶ業者
・仲介料を得られて喜ぶマッチングサイト

誰も損をしない仕組みが確立されているのがマッチングモデルの特徴の一つでもあります。


・収益化するまでに時間がかかる
買い手にとっても売り手にとっても魅力に感じる情報を大量に確保するためには、時間を有します。

そしてマッチングモデルの収益化は、売り手と買い手をマッチングさせなければいけません。

情報収集後→マッチング成功→報酬が発生する

このステップを踏んで初めて収益化となるため、初月から報酬を発生させることは難しいと考えた方が賢明でしょう。

・収益が安定しにくい
マッチングモデルはフリーミアムのように、契約成立後、毎月安定して収益が得られるビジネスモデルではありません。

つまり、契約成立時に発生した報酬額のみが収益となります。
契約数を増やさなければ、今後のビジネスとして成り立たなくなってしまうのです。

マッチングモデル運用のスタート時には、収益が無い月もあれば、契約を結べる月も出てくるかと思います。

収益が安定するまでは、気を抜かずにどんなやり方で結果を出せるかPDCAサイクル(plan計画・Do実行・Check評価・Action改善)を意識しましょう。

1-2. 注意点

インターネットを活用したマッチングモデルでは特に起こりうる問題があります。

・サイト経由せずに売り手と買い手が取引をする
・税込か税抜きか記載せずに表記すると、誤解が生じやすい
・商品発送のトラブル

・サイト経由せずに売り手と買い手が取引をする
アウトソーシングを目的としたマッチングモデルによく見られる問題です。
サイト経由せずに、直接売り手と買い手同士直接契約をされると、マッチングサービス提供元には1円も収益が発生しません。

さらにこの不正契約のもとで問題が発生した場合、利用ユーザーはサポートを受けられず泣き寝入りせざるをえない状況になります。

このリスクを防ぐためにも、利用規約にあたって「直接取引禁止」事項をしっかりと設けてください。

・税込か税抜きか記載せずに表記すると、誤解が生じやすい
税抜きか税込かの記載が無い場合、売り手と買い手の間に誤解が生じやすくなります。
トラブルの元になりかねないので、しっかりと記載しておく必要があります。

・商品発送のトラブル
ECサイトやフリマサイトによく見られる問題です。

・商品が届かない
・届いた商品が壊れている
・サイズを間違えたから変えて欲しい

インターネット上の買い物は、実店舗のように実際に目にしてすぐに購入するわけではないので、サイズが合わなかったり、配送途中で商品が壊れてしまったりなどトラブルが起きやすいです。

トラブル対応の仕方によって、今後の利用客をファンにするかどうかが決まります。

1「当事者間で起きた問題につきましては、当事者間で解決してください」
2「当事者間で起きた問題は本来、当事者間での解決をお願いしておりますが、

特例として本事務局から販売元の業者様に現状確認のご連絡を致しました。
以下が回答になります。ご確認下さいませ。」

おそらくほとんどの方が2番の対応例に好印象を持たれたのではないかと思います。
トラブル対応によって、クレームからファンになるケースもあります。

そのチャンスを逃さないように、しっかりとトラブル対応マニュアルを作っておきましょう。

1-3. アフィリエイトとの違い

アフィリエイトとマッチングモデルの大きな違いは、企業と直接取引するかどうかです。
ASP(アフィリエイト広告を所持する企業)が保有している広告を、HPやブログに貼り付け、広告を経由して商品やサービスが売れたりすると、収入を得られるのがアフィリエイトです。

マッチングモデルの場合、ASPを介せず、直接企業と取引になります。

アフィリエイトもマッチングモデルも企業と組むという点においては、非常に似ていますが、さらに仲介業者を挟むかどうかが違う点になるでしょう。

2. マッチングモデルの事例

マッチングモデルの「紹介」によって成り立つ形態には、さまざまな種類があります。
 
・家を買いたい人=家を売りたい業者
・家を借りたい人=家を貸したい人
・条件の良い会社を紹介してほしい人=優良な人材を紹介してほしい業者
・彼氏が欲しい人=彼女が欲しい人
・安くて質の良いものが買いたい=不用品を売りたい
・掲載料による課金
・広告収入

人と人を紹介するマッチングモデルもあれば、業者を紹介するマッチングモデルもあります。
その「紹介」によって成り立つ形態は、実に多様化しており、おもしろいマッチングモデルサービスが生まれてきています。

2-1.  SUUMO


SUUMO

スーモは、住宅・不動産購入や売買をサポートする情報サイトです。

不動産屋から掲載料を徴収し、売り物件をサイトに載せます。
サイトを訪れた顧客から申し出が出ると、マッチングに繋がります。

・家を買いたい人=家を売りたい業者
・家を借りたい人=家を貸したい人
etc…

これらの当事者間のニーズをマッチングさせて収益化を実現しています。

2-2.  indeed

 

indeed

インディードは、条件の良い仕事先を紹介してほしい人と、優良な人材を確保したい企業を結びつけるマッチングモデルサイトです。

掲載料は無料ですが、クリック課金制度の紹介型のマッチングモデルになります。

2-3. ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、以下の当事者間のニーズに応えた婚活支援のマッチングサービスです。

・彼氏が欲しい人=彼女が欲しい人
・結婚するために相手を見つけたいけど、出会いがない

2-4.  mercari


mercari

メルカリは、以下の当事者間のニーズに応えるインターネット上のフリマサービスを提供しているマッチングサイトです。

商品が売れた時に、手数料として10%引かれた額が売り手の報酬となります。
メルカリは紹介型のマッチングモデルです。

・安くて質の良いものが買いたい=不用品を売りたい

2-5. ユニークなマッチングモデルの事例

1.akippa

akippa

akippaは、当事者間の以下のニーズに応えた駐車場シェアリングサービスを提供するマッチングサイトです。

・目的地周辺の駐車場の利便性が悪い=空いた土地を有効活用したい


2.Airbnb


Airbnb

エアビーとは、民泊仲介サイトとして、宿泊施設として部屋を貸したいor借りたい人をマッチングさせるサービスを展開しているアメリカの企業です。

・安くて質の良い民宿に泊まりたい=空いた部屋を有効活用したい

日本でも住宅宿泊事業法が2018年6月15日に施行され、民泊に注目が集まっています。

3. マッチングモデルの成功術

ここではマッチングモデルを成功させるための、5つの手順をご紹介します。
マッチングモデルを採用したなら、成功させる術も身につけましょう。

1.マッチングサイトをOPENする
2.業者に営業をかける
3.不正利用されない仕組み作りを作る
4.成約率UPのためにはテストを繰り返す
5.集客の仕組みを作る

3-1. マッチングサイトをOPENする

マッチングモデルを成功させる鍵は「集客」です。
インターネット上で誰でも閲覧できるマッチングサイトをOPENしましょう。

見込客を確保するためには、有益な情報を頻繁にUPすることが大切です。
ランニングコストをかけないためにおすすめなのが、有益な情報をブログ記事として、載せることです。

顧客にとって有益な情報であればあるほど、サイトの信頼度がUPし、直接問い合わせへとつながるようになります。

問い合わせをした顧客に、後は業者を紹介することでマッチング(契約成立)へと繋げることができるでしょう。

3-2. 業者に営業をかける

業者を獲得するために有効な方法は、顧客を確保した後に、目星をつけた業者に営業をかけることです。

例え飛び込みで営業をかけたとしても、業者にとっては

・すぐに見込客を確保できる
・受注を受けなくてもペナルティがない

リスクが無く、集客をしなくても受注さえすれば収益化図れるといったメリットしかありません。

だから、集客さえできれば、業者を獲得していなくてもすぐに獲得しやすいです。

ただし、業者からの信頼を獲得するためには、業者からオファーされる仕組みを作る必要があります。

マッチングサイトからも業者が参入しやすいように、業者向けの募集ページも合わせて作成することをおすすめします。

3-3.  不正利用されない仕組み作りを作る

業者からの申告で嘘をつかれてしまうと、売り上げの一部をマッチングサイトの報酬として得る時に改ざんされたり、契約成立未申告の事案が発生したりなど、さまざまな不正利用による問題が起きます。

不正利用の対策としては、
・契約成立後の近況調査
・顧客のフォロー
・アンケート調査
etc…

契約成立したら終わりではなく、その後の対応によって不正利用を未然に防ぐ仕組みを作ることができます。

3-4.   成約率UPのためにはテストを繰り返す

成約率UPのためには、顧客&業者対応マニュアルを作り、
ひたすらPDCAを繰り返すことが大切です。

反応が大きかった事例や、トラブル事例などをマニュアルに反映させることで今後の信頼度を高めたり、結果的には成約率UPに繋がります。

「契約が成立したから終わり」で満足しないで、今後の成約率UPのための資料として活用しましょう。

また、顧客&業者対応マニュアルを作成すれば、アルバイトを採用して完全自動で収益化させる仕組みを作ることもできます。

3-5. 集客の仕組みを作る

顧客と業者を結びつける「集客」の仕組みを作ることで、業者からは「集客のプロ」として一目を置かれ信頼されることでしょう。

これをさらなる収益化のために「集客方法の伝授」として企業コンサルティングをはじめてみることもおすすめします。

何人もの顧客を紹介して、企業がその恩恵で設けているのであれば、「集客のプロ」として結果を出している以上、企業は認めざるを得ません。

逆に企業から「集客方法」についてアプローチをかけられるかもしれません。

この時、月額課金にして集客コンサルティングをすれば、安定した収益が見込めます。

4. マッチングモデルでビジネスチャンスをつかむために

マッチングモデルでビジネスチャンスをつかむために大切なことは、顧客が知らない有益な情報を提供し、
顧客が目的達成のために有する時間や手間をいかに省くことができるかです。

また、マッチングモデルを採用する分野選びも大切です。
集客ができなければ、そもそもマッチングモデルは成り立ちません。
ある程度ニーズのある分野に参入し集客を図りましょう。

・マッチングモデルとは(特徴、注意点)
・マッチングモデルの事例
・マッチングモデルの成功術

マッチングモデルをはじめるあたって、まずは今回紹介した3つの知識を参考にどう運用していくか考えてみてください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事